Photoshop2020 新しくなった自動選択&オフジェクトツールを試してみた レビュー
Photoshop2020 新しくなった自動選択&オフジェクトツールを試してみた レビュー
スポンサーリンク

Photoshop 2020 新しくなった自動選択を試してみた

今年もAdobeMaxの季節になりましたね。アメリカの方は終了して今年日本は、12月3日からスタートが早くもAdobeCrieitiveCloudのアップデート内容が続々と公開されています。今回は新しくなったPhotoshop2020の自動選択がどの程度精度が良くなったのか?Photoshop2020と2019を比較してみたいと思います。
また、自動選択をして画像がうまく選択できなかった時、新しく導入されたオブジェクト選択ツールを使用して選択漏れや余分の選択場所を削除する対処法などご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

Photoshop 2020 VS Photoshop 2019 被写体自動選択精度の違い

いやー年々、自動選択の精度が上がってきていますね。これは、Al 画像認識のお陰でしょうか?判別しやすい人とバックグラウンドが似たような色で判別しにくい画像2とうりでPhotoshop 2020と2019のデフォルトの被写体自動選択精度を比べてみたいと思います。

操作方法は、選択範囲メニュー>被写体を選択

被写体人物 自動選択精度の違い

なんとも合成した風なかんの素材写真一応判別やりやすい感じですが。Photoshop2020は、被写体の範囲もれが微妙にある感じでPhotoshop2019は、余分な箇所も含まれる感じですね。

 

Photoshop 2020 自動選択精度の違い 被写体人物

Photoshop 2020 自動選択精度の違い 被写体人物

Photoshop 2019 自動選択精度の違い 被写体人物

Photoshop 2019 自動選択精度の違い 被写体人物

 

被写体の人物を切り抜くとPhotoshop2020とPhotoshop2019の違いがわかると思います。Photoshop2019の方は全体的にアラが多いいですね。

 

Photoshop 2020 自動選択精度の違い 被写体人物

Photoshop 2020 自動選択精度の違い 被写体人物

Photoshop 2019 自動選択精度の違い 被写体人物

Photoshop 2019 自動選択精度の違い 被写体人物

 

 

ここまで拡大するとPhotoshop2020の凄さがわかります。デフォルトの選択範囲&切り取りでかなりラインが滑らかもう境界線をぼかす使用しなくてもいいレベルで一手間減りますね。

 

Photoshop 2020 自動選択精度の違い 被写体人物

Photoshop 2020 自動選択精度の違い 被写体人物

Photoshop 2019 自動選択精度の違い 被写体人物

Photoshop 2019 自動選択精度の違い 被写体人物

 

 

 

 

被写体猫 自動選択精度の違い

やはり、判別しにくいバックがだと完璧にはいかないがPhotoshop2020の方が選択範囲もれが若干あるが範囲的には精度が上がっている、Photoshop 2019の方が余分なところが選択されている。この辺りの癖は、人物と同じですね。

 

Photoshop 2020 自動選択精度の違い 被写体猫

Photoshop 2020 自動選択精度の違い 被写体猫

Photoshop 2019 自動選択精度の違い 被写体猫

Photoshop 2019 自動選択精度の違い 被写体猫

 

 

被写体の猫を切り取るとPhotoshop2020の精度の良さがわかる被写体の微妙にピンボケしているのにこの制度は凄い。Photoshop2019はボロボロ使い物にならないですね。2019は、マスクで被写体をヌリヌリ選択した方が早いですね。

 

Photoshop 2020 自動選択精度の違い 被写体猫

Photoshop 2020 自動選択精度の違い 被写体猫

Photoshop 2019 自動選択精度の違い 被写体猫

Photoshop 2019 自動選択精度の違い 被写体猫

 

 

拡大すると制度の凄さが一目瞭然、さすがAdobe先生。これで一手間かからずに楽にできます。

 

Photoshop 2020 自動選択精度の違い 被写体猫

Photoshop 2020 自動選択精度の違い 被写体猫

Photoshop 2019 自動選択精度の違い 被写体猫

Photoshop 2019 自動選択精度の違い 被写体猫

 

 

スポンサーリンク

自動選択範囲の範囲漏れを簡単に修正するオブジェクト選択ツールの使い方

Phtoshop2020の選択範囲精度の凄さがわかりましたがやはり完璧ではない。まあ仕方がないですがPhotoshop2020からオブジェクト選択ツールのおかげで自動選択範囲の選択もれの修正がかなり簡単にできるようになり修正をやればやるほど自動選択の精度が上がっていくという恐ろしい、さすがAdobe先生。

 

Photoshop 2020から導入されたオブジェクト選択ツール

Photoshop 2020 オブジェクト選択ツール

Photoshop 2020 オブジェクト選択ツール

 

 

選択範囲漏れで選択範囲を足す場合

選択範囲漏れで選択範囲を足す場合は、オブジェクト選択ツールにしてSHIFTを押しながら漏れている箇所大まかに選択(mac)したらさらに自動で認識してくれます。

 

自動選択範囲の範囲漏れを簡単に修正するオブジェクト選択ツールの使い方

自動選択範囲の範囲漏れを簡単に修正するオブジェクト選択ツールの使い方

 

 

選択範囲漏れで選択範囲を削除する場合

選択範囲漏れで選択範囲を削除する場合は、オブジェクト選択ツールにしてOPTIONを押しながら余分なところを選択(mac)さらに自動で認識してくれます。

 

自動選択範囲の範囲漏れを簡単に修正するオブジェクト選択ツールの使い方

自動選択範囲の範囲漏れを簡単に修正するオブジェクト選択ツールの使い方

 

 

これは、便利。かなり適当に選択しても再度自動で認識してくれるので一手間も二手間も減る感じになりますかね。
オブジェクト選択ツールでうまく選択できない場合は前バージョンでもあった選択とマスクして選択範囲を塗りつぶしてください。

 

 

Photoshop 2020 VS Photoshop 2019 進化したコンテンツに適した塗りつぶしを試してみた 

個人的には、オブジェクト選択ツールの次に注目していたコンテンツに適した塗りつぶし機能だ。特にPhotoshop 2019と機能的には変わらないがAI機能でさらに自然に物体を消せるらしい。さすがAdobeSensei。早速Photoshop 2020と2019を比べてみたが両者とも違いがあまりない。もしかしてAIサーバーアップデートかもしれないので2020も2019も違いがないのかもしれない多分そうだと思う。

操作方法は、消したい箇所を選択した状態で 編集メニュー>コンテンツに適した塗りつぶし

コンテンツに適した塗りつぶし機能 城を消す

山の頂上にある城をコンテンツに適した塗りつぶし機能を利用して消したいと思います。

 

コンテンツに適した塗りつぶし 城を消す

コンテンツに適した塗りつぶし 城を消す

コンテンツに適した塗りつぶし 城を消す

コンテンツに適した塗りつぶし 城を消す

 

これは、どちらもいい出来ですが違いがそんなない感じ。

 

コンテンツに適した塗りつぶし 城を消す Photoshop2020

コンテンツに適した塗りつぶし 城を消す Photoshop2020

コンテンツに適した塗りつぶし 城を消す Photoshop2019

コンテンツに適した塗りつぶし 城を消す Photoshop201

 

 

コンテンツに適した塗りつぶし機能 猫を消す

真ん中に居座っている猫をコンテンツに適した塗りつぶし機能を利用して消したいと思います。

 

コンテンツに適した塗りつぶし 猫を消す

コンテンツに適した塗りつぶし 猫を消す

コンテンツに適した塗りつぶし 猫を消す

コンテンツに適した塗りつぶし 猫を消す

 

 

これは、跡が残っているちょっと難しい感じの写真だったかもしれないがもう一手間かければ違和感なく消えそう。Photoshop2020と2019そんなに変わらない感じ。

 

コンテンツに適した塗りつぶし 猫を消す Photoshop2020

コンテンツに適した塗りつぶし 猫を消す Photoshop2020

コンテンツに適した塗りつぶし 猫を消す Photoshop2019

コンテンツに適した塗りつぶし 猫を消す Photoshop2019

 

 

コンテンツに適した塗りつぶし機能 小さい船をを消す

小さい船をコンテンツに適した塗りつぶし機能を利用して消したいと思います。

 

コンテンツに適した塗りつぶし 船を消す

コンテンツに適した塗りつぶし 船を消す

コンテンツに適した塗りつぶし 船を消す

コンテンツに適した塗りつぶし 船を消す

 

なかなか、Photoshop2020も2019もいい感じに消えたと思いますが若干もやっとしてます。

 

コンテンツに適した塗りつぶし 船を消す Photoshop2020

コンテンツに適した塗りつぶし 船を消す Photoshop2020

コンテンツに適した塗りつぶし 船を消す Photoshop2019

コンテンツに適した塗りつぶし 船を消す Photoshop2019

 

 

 

まとめ

Photoshop2020の被写体を抽出する自動選択が格段に賢くなっているまた、切り抜きについてもPhotoshop2020の方が滑らかに切り取ってくれるので境界線をぼかすなどの作業が一手間減ってかなり良くなっている。新しく導入されたオブジェクト選択ツールも選択漏れや余分の選択場所など自動でやってくれるので被写体の選択範囲を選択する作業が格段にスピードアップしている。
コンテンツに適した塗りつぶしについては、AIサーバーアップデートだと思われるのでPhotoshop2020も2019もあまり関係ないような気がしています。

 

 

Adobe Photoshop CC|12か月版|Windows/Mac対応

Adobe Photoshop CC|12か月版|Windows/Mac対応
Photoshop(フォトショップ)は、主に写真を補正・加工をする方向けのソフト
ビギナーからプロまで、画像の色味や質感の調整を高レベルで実現するのがフォトショップの特徴
【Adobe Creative Cloud(CC)とは】アドビが提供する定額制商品・サービスのこと
【CCポイント1】PCとモバイルのデータ共有ができ、外出先でも作業可能に
【CCポイント2】アップデートが無料に。新機能をいつでも利用できるように
【CCポイント3】年額版(定額制)となり、購入時の初期費用を抑えられるように
【CCポイント4】 12/24/36か月の利用期間を選択でき、状況に合わせて無駄なく利用できるように
【CCポイント5】本商品はMac/Windowsの両方に対応、さらに1製品で2台まで利用OK

 

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) with 1TB|12か月版|Windows/Mac対応

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) with 1TB|12か月版|Windows/Mac対応
フォトプラン(Photoplan)は、写真やイラスト加工のPhotoshopと写真の管理/共有に便利なLightroomがセット
さらに写真などのデータ管理に便利なクラウド容量1TB(1600万画素写真で約16万枚)付き
【Adobe Creative Cloud(CC)とは】アドビが提供する定額制商品・サービスのこと
【CCポイント1】PCとモバイルのデータ共有ができ、外出先でも作業可能に
【CCポイント2】アップデートが無料に。新機能をいつでも利用できるように
【CCポイント3】年額版(定額制)で、購入時の初期費用が抑えられるように
【CCポイント4】 12/24/36か月の利用期間を選択でき、状況に合わせて無駄なく利用できるように
【CCポイント5】本商品はMac/Windowsの両方に対応、さらに1製品で2台まで利用OK

 

Adobe Creative Cloud コンプリート|12か月版|Windows/Mac対応

Adobe Creative Cloud コンプリート|12か月版|Windows/Mac対応
アドビのコンプリートプランは、アドビソフト・アプリが20種類以上利用可能
イラストレーターやフォトショップ、PDF(Acrobat)など複数のソフトを利用する方におすすめ
【Adobe Creative Cloud(CC)とは】アドビが提供する定額制商品・サービスのこと
【CCポイント1】PCとモバイルのデータ共有ができ、外出先でも作業可能に
【CCポイント2】アップデートが無料に。新機能をいつでも利用できるように
【CCポイント3】年額版(定額制)となり、購入時の初期費用を抑えられるように
【CCポイント4】12/24/36か月の利用期間を選択でき、状況に合わせて無駄なく利用できるように
【CCポイント5】本商品はMac/Windowsの両方に対応、さらに1製品で2台まで利用OK

 

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。この、紹介記事が良ければGoodボタンをよくない場合はBadボタンをお願いします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク